女子大生が大学ノートに綴る雑記。

大学生のお金の稼ぎ方ってもっといろんな方法があっていいと思う。

こんにちは!今回は大学生のお金の稼ぎ方について思ってることを書きました!せっかくの大学生活、バイトに埋もれるのは勿体無いと思いながらもお金は必要だし、親のお金に甘えるわけにはいかないし…という葛藤がやばいです。多分それは私だけじゃないと思うので、共感してくれる人も多いんじゃないかな。それでは本文へGO〜

 

大学生になって、親のお金だけで生活していくのもなかなか厳しいので、バイトを始めたんです。近くのレジャー施設で始めました。ゴールデンウィークという忙しい時期に始めたのもあり、ヘトヘトになりながらもレジャー施設特有の楽しい雰囲気を満喫しながら自分の接客スキルが高まっていくことを実感できるお仕事だったので、楽しんで働けました。

 

f:id:mina-mura0529167:20170907004307p:image

 

働くことについて深く考え始めたのはゴールデンウイークが明けてから。ゴールデンウイークが終わり、めちゃくちゃ暇に。1時間にお客様は2.3人。店員、スタッフ合わせて5名。立ってなきゃいけない。というか、そもそもこんなに人いらないよね…って感じで早く1時間終わらないかなーと時計を見ていました。「今日、1時間ぼーっと立ってるだけでも、ゴールデンウイークに1時間せかせか働いていた時と同じだけのお給料が入るのか…」と思い、「いや、おかしくない?それって、能力に対する対価ではなく私が持っている時間に対する対価ってことだよね??」「お金を出して大学に通って、その隙間時間を安く切り売りしてその場しのぎのお金をもらって、何が残るんだろう?」そんな風に思いました。もちろん単純に大学生の友人や先輩、仲良くしてくれる社員さんが増えるというメリットがあったり、接客やレジスキルが上がったりすることはプラスかもしれません。でも、それって絶対に必要?って考えるとそうでもない気が…。

 

関連動画も貼っときます。上に書いた考え方と同じようなことをわかりやすく説いてくれている動画です!

 

やる気のなかった大学生300人を感動、本気にさせた伝説のスピーチ - YouTube

 

そして見つけたのが、クラウドソーシングという働き方。なかなか面白いもので、自分の経験談やアイデアを売るものだと私は認識しました。留学の体験談を書いたり、受験のことを書いたり…。最近は英語学習や留学、大学生活について記事を書くことが多くなっています。だいたい2000〜3500字程度で、1記事3000〜4000円程度いただくことが多いのですが、2000字以下で700〜1400円というものもあります。受ける仕事を選ぶ時には、時給換算するよりも先にそれを文章化することが自分にとってメリットがあるかどうかを基準に選んでいます。

 

 私が利用しているクラウドソーシングアプリクラウドワークス」

ログイン【クラウドワークス】

 

とはいえ、クラウドソーシングだけではなかなか収入は安定しないし頭を使う作業なので、普通のバイトも続けながらというか普通のバイトをメインに、副次的にクラウドソーシングで稼いでいます。特に今月なんかお金がなくてすぐに収入が必要だったのでアルバイトをがっつり入れていました。その脇で毎週1記事書いてお金にしていました。多分短期的に見れば普通にバイトをする方が稼げるのですが、長い目で見るとスキルやインセンティブの面から考えて、クラウドソーシングのように自分のスキルや経験を売りにして対価をもらう方法を身につけることも大切だと思います。

 

正直、英語が一定レベルを越えたら"他に何ができるか"の方が大事

 

上の記事は私が尊敬している人のブログなのですが、こんな風に何か1つがめちゃくちゃ突出していなくても、人よりちょっと詳しいもの・人よりちょっと得意なことがいくつかあればそれをまとめて自分だけのオリジナル性になり、武器になると思います。私もこれからプログラミングやWebデザインを勉強しようと思っていて(今ちょうど入門的なことをやっています)、このスキルが身につけば書ける記事の幅も広がると思っています。武井壮さんは、1ヶ月本気で勉強すればその分野に関して普通の人に比べてかなり詳しくなっていると言っています。これから1か月、毎月テーマを決めて勉強していけば卒業までに42分野、他の人より詳しくなれると考えるとワクワクしてきます!

 

関連動画

【武井壮の「大人の育て方」がマジ凄い!】オトナの学校 完全版 - YouTube

 

f:id:mina-mura0529167:20170907005151p:image

 

大学生という身分と大卒というプラチナカード、そして4年間という長い時間を私たちは約400万払って得ています。その時間を切り売りしたり無駄にすることなく、400万も投資をいかに回収するかを考えながら大学生活を送りたいものです。

 

関連動画やる気のなかった大学生300人を感動、本気にさせた伝説のスピーチ - YouTube

 

オススメ本

 

大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ

大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ