女子大生が大学ノートに綴る雑記。

1週間15万円(航空券含む)でフィリピンのスタツア行ってきた!

久しぶりの更新です!この1週間、フィリピンのスタディーツアーに参加していました!もともと国際協力や教育の格差問題に興味があって、ずっと行ってみたいと思っていたので思い切って夏休みを利用して飛んできましたー!

 

1週間の体験談や写真たくさんあるので読んでいってください(*^^*)

 

この記事には1〜2日目の感想を載せています!

 

【セブ1日目】

20時ごろにセブにチェックインして、メンバーとフィリピーノを交えたスタッフさん達とご飯に行ってきました!ところどころでネオンの下のストリートチルドレンを見かけたけど、何というか、車の中から見ただけだしこの形容が良いのかわからないけど、「お祭りみたいだった」。

夜なのに街中にネオンが光ってる。裏道は暗いけど、パラソルの下でみんなが楽しそうにおしゃべりしてる。あの時は移動中で止まれなかったけど、彼らと話をしてみたいし、豪勢なディナーとかいらないからもっと本当の生活について知りたい。1週間しかないけど、現地の人たちと心の距離を縮めていきたいです。

 

f:id:mina-mura0529167:20170814131859j:image

 

【セブ2日目】

歴史的な観光名所を巡ったり、貧困層・富裕層の住宅街を見たり庶民的なマーケットに行ったりしていました。まず行ったのは町のシンボルカラーでカラフルに彩られたマクタンシュライン。マゼランの侵略行為に立ち向かったマクタン島領主ラプラプの像と、フィリピンにキリスト教を布教したマゼランの記念碑が建てられている公園です。
昔は敵同士だったのに今では同じ場所に祀られている。フィリピン人の許す心が表れています。

 

f:id:mina-mura0529167:20170814132016j:image

 

写真はありませんがこの後、サン・ペドロ要塞にも行きました。フィリピン最古の要塞。日本占領時には捕虜の収容所として使われていましたが現在では美しい公園となり、市民や観光客でいっぱいです。まだ大砲や見張り場が残ってましたが、結婚式を挙げることもあるそうです。時代の移り変わりってすごい。

フィリピンの有名ファストフード、Jollibee。チキンが激ウマでした!パスタは甘いと言われていましたが普通に美味しいかったと友達が言ってました笑

 

f:id:mina-mura0529167:20170814132101j:image

 

f:id:mina-mura0529167:20170814132125j:image


ハロハロはかなりカラフルだけど色と味があるのは上だけなので、かき混ぜて食べるのがオススメ!ファストフードでも店員さんが運んでくれるし、片付けもしてくれる。近代的で店内も綺麗でした。それでもトイレにティッシュペーパーは流せない。笑
ティッシュペーパー流せないのはやっぱりまだ抵抗あります。(´・ω・`;)
異文化(環境)理解とは難しいものです(´・ω・`)

マゼラン・クロスとサント・ニーニョ教会も見て来ました。初改宗字に使われた十字架にはセブの守護聖人はキリストの子ども時代を示す「サント・ニーニョ・デ・セブ」が祀られています。教会の中は写真が禁止されていて撮れませんでしたが、お土産やさんにはサント・ニーニョを模したグッズがたくさん!

サント・ニーニョ教会は壁画や天井画、シャンデリアなどとっても綺麗でした。今では保存のために硬式レプリカが7台あるそうです。町のいたるところにサント・ニーニョ像やそれらしきプリントがあります。大量生産がここまでくると信仰深いのかどうなのかわからなくなってくる😅

 

f:id:mina-mura0529167:20170814132248j:image

 

貧困地区であるカルボンマーケットで、初めて子どもからはっきりと物乞いをされました。外に降りた時は何も持って行かなかったので素直に断りましたが、子どもたちも粘り強く声をかけてきます。また買い物中、ニコニコではなくヘラヘラと笑っている子供達が気になりました。多分薬のせいかなぁ。カルボンマーケットは日中と夜とで激変すると言われています。日中は私たちのような外国人でも気をつけていれば大丈夫ですが、夜だと現地の方でも中流階級以上の人は近づいてこないのだそうです。ドラッグや売春の危険があるため観光客は夜は絶対に行ってはいけません。昼でもかなり気をつけて!

東アジアっぽい寺院の写真は、道教寺院です。

 

f:id:mina-mura0529167:20170814132331j:image

 

高級住宅地の一角にある寺院。中国の思想家、老師の教義が保存されています。本殿は写真が禁止されていたので残念です。セブ・シティからマクタン島までとても綺麗な眺めでした。中国人富裕層が多く住んでおり、お墓のクオリティさえも貧困層と富裕層の格差が見受けられました。

貧困層のお墓は、外国によくある普通の四角いものに入るだけの人の数のお骨が入れられ、富裕層のお墓は家のようなものまでありました。日本でいうお盆のような行事の日に親族が一日中集まってくるため、お金がある人たちはキッチンや空調設備さえ取り付けているそうです。

貧困地区や途上国でもIB教育を!っていう議論もしたことあるし、自分もIBまでは行かずとも全ての子どもが教育を受けられるような世界にしたいと思ってたし思ってるけど、あの子どもたちを見て、あぁ彼らが欲しているのは将来の夢や安定した生活ではなくて今から食べるものだったり今吸える薬だなと思ってしまいました(´・ω・`)

ちなみに、比較的治安が良いところと悪いところが混在する国なので、写真はスマホインスタントカメラ、デジカメを使い分けています。基本は首からインスタントカメラ(JPY900くらい)で、バンの中からはデジカメ、比較的治安がいいところではスマホで写真を撮っています。もちろん撮ったら即しまいます。

フィリピン人の国民性はとても良いです。日本語の簡単な挨拶をしてくれたり、現地語を少し話すととても喜んでくれたり。値切りも交渉次第。貧困地区へ行くと複雑な気持ちになったり衛生上心配なところがありますが、この国の人の陽気でカラフルで人懐っこい人柄はとても好きです(^^)

それでは3日目も頑張って来ます!3日目は2日目よりもさらに貧困層のゴミ山地区です。

おまけ。猫がめちゃくちゃかわいい。私の靴の中に入ろうとしてくる猫もいます。笑

 

f:id:mina-mura0529167:20170814132406j:image


猫はどこの国にいても気質変わらないし、かわいい。ただこの辺の猫は痩せてるなぁ。デブ猫も可愛くて好きだけど、この辺では見られませんでした。