HLABの海外進学者向け奨学金がすごすぎる件に関して

体調が回復してきたので一気に書いていきます。

 

題はそのまま、HLABの海外進学者向け奨学金がすごすぎる件に関して。

超個人的な進路のはなし。 - 地獄のあるきかた

ここにも載せたのですが、詳しく掘り下げてみようと思います。

HLABの奨学金について

こちらから引用します。

海外大学進学を目指す方へ – HLAB

 

私たちは、世界を舞台に挑戦する
若者を応援します。
A LANDMARK SCHOLARSHIP FOR JAPAN'S TOMORROW.
一般財団法人柳井正財団(代表理事 柳井正)は、グローバルな知見を有するリーダーを育成する目的で奨学金を新設します。
HLABでは財団の委託を受け、奨学金の制度設計に協力し、候補者の推薦を行います。

とのこと。

金額としては、70,000USDを10人の進学者に4年間給付するそうです。海外進学には十分な金額だと思われます。対象は2017年に高校を卒業する20歳以下の者。そして、9月の秋入学を控えていることが前提。世帯年収は3000万円以下。ちなみに全世帯の平均世帯年収は528.9万とされています。

引用元平均世帯年収や分布。生活が苦しいと思っている世帯が6割以上!

太っ腹すぎ!

 

応募方法について

応募書類受付 2017年1月16日(月)~2017年1月31日(火)

センター入試後ですね。国内の大学のセンター利用で合格を勝ち取った人は落ち着いて書類を提出できるかと思います。

合格大学の連絡 2017年3月1日(水)~2017年4月4日(火)

前半は国公立2次試験と被っていますが、4日までにはまだ時間があります。この範囲内で海外大学の合否を連絡します。

面接参加者の招聘 2017年4月5日(水)
 
一次面接 2017年4月8日(土)
 >> 一次面接は、英語による受け答えを含みます。
最終面接 2017年4月14日(金)(対象:最終面接招聘者・一次面接合格者 / 会場:東京・六本木ミッドタウン)

>> 最終面接は、英語による受け答えを含みます。

こちらが面接。もし海外大学の本命校と日本の大学両方にに受かっていれば面接を受け、奨学金先行の合否が分かった時点(予定では4月18日だそうです)で日本の大学の入学を取り消しにすればいいと思われます(自主退学)。入学金はもちろん帰ってこないでしょうが。

 

応募方法は9月上旬までにHLABのサイトにアップされるようです!気になる人はチェックしたほうがいいかも!

HLAB – where diversity meets learning

 

海外進学を目指す方、ファイトです!