読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超個人的な進路のはなし。

更新が滞っていますが元気にしてます。

今回は短いですが、進路についての考えを書いていこうと思います。(もちろん真面目に)

わたしはもともと海外進学をしたいと思っていました。理由は、国際関係学を学んで国際協力のプロになって、教育で世界を変えていきたいから。しかし日本では国際関係学が盛んに学ばれていないということを聞き、国際関係学が発達しているアメリカ、もしくは実際の新興国の大学に進学したいと思っていました。

 

しかし

 

そこに現れた2つの壁。

 

壁その1

お金がない!

特にアメリカなんかに行ったら、1年で200万は飛びます。4年通ったら800万。また、4年で卒業できる人は多くないので卒業までに合計1000万はかかる覚悟が必要とのこと。

 

無理!

 

もちろんスカラシップも調べましたが、全員が当たり前にもらえるものではないのでリスキーだと思い、断念。

また、お金以外にも心配なことが。

 

 

 壁その2

勉強ついていける?

努力次第でついていけるだろうとは思っていたものの、まだTOEFLも受けたことがない状態。また、上記の理由から海外進学一本に絞ることもできないため、国内の大学への進学のための勉強と海外進学のための勉強を両立しなければなりません。わたしは比較的ハードな吹奏楽部に所属しているため週6で部活があるし、国際協力に関わるいろいろな活動を校外でもしているため勉強ばかりに時間を割けない…という理由です。

 

セミナーにも説明会にも、渋々といった表情で同行してくれた親を説得して連れて行ったけど、学校もめっちゃチェックしてたけど…諦めよう。という判断に至ったのが2年生の終盤。

 

悔しかったけど、お金もないし特別な学力もないし(英語は感覚でも比較的できる方だが、理数系が壊滅的)、仕方がない。そう思ってやっと国内の大学に進学することを決意したのが3年の春。部活やバイトで疲れながらも勉強をしていました。今もですが。

 

そんなときに、1つの希望が見えたんです!

海外大学進学を目指す方へ – HLAB

これ。アメリカの大学に進学する日本の高校生10名を対象に7万ドルを、4年間給付してくれるというもの。

詳しくはこちらで言及しています。

HLABの海外進学者向け奨学金がすごすぎる件に関して - 高校生×まるまる!

これに合格すれば、お金というハードルがなくなる。これは…やるしかない!ということで、前置きが長くなりましたが、わたしはやっぱり

 

           海外進学を目指します!

 

 より大変な経験をして成長したいし、英語ももっと使えるようになりたいし、何よりやりたい勉強をとことん追究したいんです。日本も素敵なところだし、いろんな人と話していたら貪欲な学習意欲をもつ大学生もたくさんいるって気付けたし、まだまだここでやりたいことはたくさんあるけれど。

もちろん、国内の大学に進学することを第一の目標にはします。お金に余裕がないので。奨学金の選考に落ちたら、海外進学という夢は叶いません。しかし、もしもお金の問題が解決できるなら、やはり自分を試すことができる方にいきたいです。国内の大学の入試も、TOEFLや英検のスコアを優遇してくれたり、英語に重点を置いている学校もたくさんあります。そういうところとの併願なら、あとは自分の努力次第だと思っています。

 

前の記事にも書いたとおり、

正直受験勉強をする時間が無駄だと思っていました。机上の空論より、働きたい!って。

高校生×受験の1年 -1年後までの展望- - 高校生×まるまる!

でも最近、勉強できる今を大切にしたいと思えるようになりました。だからもうしばらくは、少なくとも高校生のうちは、勉強を楽しみたいと思います。

 

まとめると、

  • 3月までは受験生を楽しみます!
  • 国内の大学への進学を考えつつも、海外進学を考えて勉強します!

 

という報告でした。また、6月12日で部活を引退し、受験料を稼ぐためのバイトも辞めます。そこから受験勉強にしっかりシフトします。当然SNSを使う頻度も減ると思います。しかし、ブログでは自分の考えをまとめるための力をつけることができると思うので、積極的に発信していきたいと思います!

 twitterFacebookにもシェアしますが、そちらのコメント返しは遅れたり、できない可能性もあります。ブログに直接コメントいただければ幸いです!

以上報告でした(^^)