女子大生が大学ノートに綴る雑記。

わたしが今のわたしになった理由

さかのぼること4年ほど。
中学のころ。わたしはすっごく真面目で、勉強と部活しかやっていなかったと言っても過言ではなかったほどです。

点数の1点2点を争って、順位の1位2位を争って、一喜一憂してまたテスト週間になるとプレッシャーのなか塾に缶詰になって頑張っているような子でした。

別に親から強いられたわけでも、先生に言われたわけでもなかったです。ただ、偏差値が高い=いいことだ!っていう考えが自分の中にいつの間にか棲みついていて、特に考えなく、勉強していないと罪悪感を感じて、テスト週間になると自ら塾のコマ数をMaxまで入れて自分で自分の首を絞めていました。

でもそれが普通だと思っていました。
今思うと、普通ってなんなんだろう。笑

高校もそれなりに偏差値のある比較的近い公立高校を選びました。偏差値と、アクセスの良さと、吹奏楽部の活動が盛んだから、という理由でした。

高校に入ると頭の良さは皆ほとんど変わりません。順位が落ちました。はじめての2桁の順位に、へこみました。高校生だし、いいかなと思ってたのしい、きらきらしたことをたくさんしました。順位はうまく上がらず、3学期になるにつれて下がりました。

2年生になるころには勉強を、特に理系分野を諦めていました。そのころになると、なんで自分は勉強しなきゃいけないんだろう?そもそも勉強ってなんのためなのかな?と考えることが多くなってきました。逃げ以外のなんでもないです。中学のころの自分では考えもしなかったことです。

2年生の夏に、訳あってどうしても留学に行きたくて(理由が気になる人は個人的にきいてください笑)、でも親に言ってもなかなか許してもらえなくて、チケットを購入してエージェントにも連絡をしてから、親に事後報告をして行かせてもらえることになりました。今思うと悪いことしたなぁ。

留学先では語学学校に通いました。どんどん社交的にならなきゃいけないこと、自分から心を開かなければ何も始まらないことを知りました。わたしの留学生活はうまくいきすぎて、うまくいっていないらしかった周りの日本人留学生にイヤミを言われることもありました。でもそんなのちっとも悲しくなりませんでした。だって、わたしは自分から行動したけどあなたは動いてないじゃない。それだけの違いなのにわたしがどうこう言われる筋合いないわと思っていたからです。

多分そこでした。自分からガツガツ行かなきゃダメだと知ったのは。

帰国してから、前々からチェックしていた近くの高校生団体に加わりました。今まではなんとなく、高2だし、勉強しなきゃいけないから…と躊躇っていましたが、今思うともったいなかったなぁと思います。決して遅くなかったはずなのに、自分でしてもない勉強を盾にして逃げていたなぁとも。

それから面白いメンバーとたくさん出会い、たくさん校外で学習してイベントに参加したり運営したり、ホンモノのおとなに会いに行ったり話してみたり、いつのまにか行動的なわたしになっていました。

高1になって勉強で落ちこぼれたのも、高校生活のバランスがとれなかったのも、全部振り返ってみると点と点で繋がって、完璧になっているのが面白いなぁって最近気づきました。意味付けの大切さというのか、むずかしいことはよくわかりませんが。でも、勉強の意味や自分のほんとうにやりたいことが何かを考えて行動するきっかけをつかめたことは本当によかったなぁと思います。

あのとき、お金がないから留学は無理と言われてそのまま引き下がっていたら。留学がうまくいかなかったら。帰国してから行動に結びつけられなかったら。学生団体に入ったことだけに満足してしまっていたら。今の自分はいないんだろうなぁと思います。

長くなったけどいいたいことは、どこでどう点と点がつながるかわからない!とりあえずいっぱい点を描いてみようよ!ってことでした(^^)笑

AO対策をしてて自分のふりかえりにも、一度書いてみようと思って思いつきで書いたので散文ですが。何か思ったことがあれば教えていただけると嬉しいです(*^^*)